読書ブログの投稿テストと見出しデザイン確認用記事(特化ブログ構成の参考記事にもなっています)

2 min 380 views
書籍の感想やオススメ本を紹介

読書ブログのデザインを確認するためのテスト投稿です。

また、この記事はユニコブログ®で紹介している特化ブログの作り方についての参考記事としての位置付けもあります。

● 特化ブログの作り方や制作例も入れて収益化の方法をわかりやすく解説

このブログの本テーマは、読んできた書籍の感想やおすすめ本を紹介するブログです。

けれど、運営者の情報が見える特化ブログ的な公開用Webサイトとしても利用したいので、当ブログの「見出し構成」が、そのまま参考になれば幸いです。

読書ブログの構成

この記事では、当ブログの見出しを固定するので、ココで見出しデザインと構成を決めておきたいと思います。

書籍タイトルの記載

↑見出し(H2)には書籍のタイトル名を挿入します。

この部分は、Rinkerで書籍画像の表示をうまく利用します。
今回は、恐縮ながら運営者の著書の紹介で失礼いたします。

この書籍の概要をまとめてみました。

書籍の概要

この書籍は、主に法人向けにYouTubeとアフィリエイト広告を利用した自社の商品や売り上げを上げていくためのステップを解説しています。

具体的には3つのことについて詳しく解説しています。

  1. YouTubeを利用した商品やサービスの紹介の仕方について
  2. アフィリエイト広告主としての発信ステップ
  3. ランディングページなどのWebサイトの作り方

上記3つについて詳しく解説しています。

タイトル

近代中小企業 速習 別冊のみ 2月号別冊のみ (2021-02-01) [雑誌]

著者

小林 玲王奈

電子書籍の有無

有り

出版社

マップアソシエーツ

発売日

2021/2/1

著者について

本書の著者については、ユニコブログ®のプロフィールページで記載しています。

大した経歴ではないですが、現在は学校で特別講師をしたり、メディアコンサルタントをしながらブロガーとしてコツコツと日々執筆の日々を過ごしています。

読んでみた感想

自分で言うのも何ですが….。

参考記事なので。

昔ながらの訪問営業方法については否定はしませんが、もう商品を売るやり方は変わっていると言うことと、その売り方のコツさえ分かれば、どんな商品やサービスでも売れるようにするコツが分かるように書いてあります。

こんな人におすすめ

会社だから「営業部が必要」とか、昔ながらの会社運営に疑問をいただいている方に読んでいただけるとしっくりくると思います。

昔と違い、現在の消費者は受動的な購買から能動的な消費に切り替わっています。

Webを通して自分の欲しいものに関する情報を自分で検索し、調べ、比較し、かなり強い自分の意思で購入に至ります。

また、合わせて、衝動買いについてもECサイトのワンクリック購入の実装が誕生しているおかげで、思考せずに直感で即購入するシチュエーションも増えています。

このような状況で自社の商品やサービスの売上を上げて行くには、ユーザーが探す行動をしたときに、その目に触れる機会が多くないといけません。

そして、それは露骨な広告ではなく、第三者が語っているストーリーです。

そんな中で、どのようなステップを踏んでいけば実際に売上を上げることが出来るのかを解説しています。

まとめ|読みつつ実際に行動しないと意味が無い書籍です

本書は、具体的な売上を上げるためのステップが書いてあるので、読みつつ実際に社内で進めていかないと経験値も積み上げっていかないし、売上も上がりません。

本書は法人向けに書いてありますが、自分で販売できる商品やサービスがあれば応用可能です。

また、最近では、Stripe Payment Linksのように、ECプラットフォームを間借りしないでも、現状の自社のWebサイトにURLを貼るだけで決済できてしまう機能だって実装できてしまう時代です。

ユーザーが、何に可処分時間を消費しているのか、簡単な決済機能を実装できる時代になり、自分で商品やサービスを設計できれば、副業や起業も不可能ではありません。

本書がそのお役立てば幸いです。

●【保存版】会社の売上を上げるためにはASPのアフィリエイト広告主になるのが近道

関連記事